ISOの本質的な効果とは?

ISO認証取得コンサルタントなら清友

ISOの本質的な効果とは?

今回は「ISOの本質」について書かせて頂きます。

ISOはマネジメントシステムと言われています。

その内容とは・・・・

Plan・・・ルールを決め

Do・・・実行し

Check・・・ルール通りに業務が行われているかどうかチェックし

Action・・・不都合な点があったら改善する

目標達成のためにPDCAサイクルを回すことがISOの本質です。

したがって、 “クレームがたくさん発生するようであればISOは取得できない”というのは誤りです。現在どれ程の不良やクレームが発生していようが、不良率やクレームの率を低下させるような社内のマネジメントシステム(PDCAサイクル)が稼動していればISOが付与されます。

大事なのは「継続的改善」です。

目標を達成するための継続的改善活動そのものがISOの本質です

ISOは国際規格ですから、すべての企業に同一の内容を要求しています。

例えば、「検査しなさい」という要求事項は、大企業も中小企業も同一に要求されています。 また、どんな業種に対しても要求しています。

しかし、「どのように検査しなさい」とは要求していません。検査のやり方は、それぞれの企業に任せています。したがって、一品一品の品質検査をする企業もあれば、目視検査の企業もあります。

つまり、

「何をしなさい(What)」は要求していますが、

「どのように(How)」は要求していないのです。方法は企業が決めれば良いのです。

企業の保有する経営資源や環境は違いますから、それぞれの企業のISOには、企業なりの特徴がでます。

“100社あれば100通りのISOがある”

そう言われています。

“○○までのレベルまでやらねばならない”という縛りはISOにはありません。企業にあったやり方をすれば良いのです。これもISOの本質です。

このISOの本質を理解して、貴社に合ったISOの構築をし、無理なく運用できるシステムをお勧めしております。