ISO14001(環境マネジメントシステム)

ISO認証取得コンサルタントなら清友

ISO14001(環境マネジメントシステム)

今日はISO14001について深堀していきます☆

ISO9001とISO14001の違いは、「品質」「環境」かということです。

それ以外は全く同じ考え方です。

つまり、

環境に配慮した経営をするために

 

会社の方針・目標を定め(P)・・・文書化

目標を実現するための具体的活動計画を定め(P)・・・文書化

実行し(D)

定めた計画通りに実行されているかチェックし(C)・・・監査

不都合な部分があれば改善する(A)・・・改善

というマネジメントシステムを 会社の仕組みとして運用する

これが、ISO14001です。

環境に配慮した経営を行うために、最低限「これはやってください」という世界共通の要求事項があります。これがISO14001規格要求事項と呼ばれています。

9001と14001の構造は全く同じですね。目標が「品質」と「環境」に分かれていますから、具体的な活動計画は当然異なります。これだけの違いです。

以上のことを整理すると、
  • 環境に配慮した経営を行うために
  • 仕事の進め方をISO基準と照らし合わせながら会社のルールとして文書化し、
  • 実行し、
  • 実行度合を点検し、
  • 実行できていない部分が発見されたら是正する
この流れを会社の仕組みとして継続的に改善しながら運用する これがISO14001です。
ここ数年、地球環境の問題というものは深刻になってきています。
大震災の時も、計画停電などもありました。

こういう規格を取得している企業が増えて、環境に対する意識の高い企業が増えるといいなとおもってます。