ISOを有効活用しましょう☆

ISO認証取得コンサルタントなら清友

ISOを有効活用しましょう☆

本日は、「ISOの有効活用」について、お伝えいたします。

ISOの取得し得られる効果には、「対外的効果」と「内部的効果」があると言われています。

<対外的効果>
  • 取引先の満足と信用力の向上
  • 企業イメ-ジの向上
  • 公共工事入札資格、取引資格
  • 環境配慮という社会的貢献
<内部的効果>
  • 経営体質の強化
  • 業務の効率化
  • 従業員のレベルアップ
  • 品質安定、環境改善

ISOの有効活用とは「経営に役立つISO」であり、「経営に役立つISO」とはISOの「内部効果」です。

ISOを導入することにより、内部効果として

  • 社内ル-ルの定着と業務の効率化
  • 従業員意識の改革

等が実現できます。

業務効率の改善」と「従業員意識の改革」が実現できれば、会社の経営基盤が間違いなく強くなります。 是非、経営効果を発揮できるISOを構築してください。

しかし残念ながら、ISOを取得して「本当の有効活用」ができている企業は少ないのではないでしょうか。

“ISOを取得すれば、すべての企業が経営基盤の強化に力を発揮する”とは言えません。

有効活用するためには、自社にマッチしたシステムの構築と、全社一丸となって活動することが大事です。

弊社では、無理せずに運用をしていけるようなISOの取得をご提案しています。